どこにでもある経験の浅い方向けのFX投資の雑誌では「差損が生じた場合はナンピンすることで平均のコストをコントロールする」などと述べられていると思いますが、現実的にはこれは相当大きな危険性があると思います。とりあえず、ナンピン買いの手法に関してごく簡単に説明しておこう。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。$買いですので、円安に動くほど黒字を得られますが不幸にして1ドルが95円まで円高に推移したとします。その場合維持し続けたとしたら、損がなくなるまでには損した分円安ドル高に動く必要があります。損は出来るだけ早く無くしたいと願うでしょう。そのため最初に売買したのと同じだけの$を1ドルを95円で取引します。それで、ポジションのコストは97円50銭まで低くすることができる。言い換えると、2円50銭の幅でドル高が進行すればマイナスを取り戻す事が出来ます。この流れがナンピン買いの理論です。このように、ナンピンのやり方を耳にすると「もっともだ」と考えるが市場はそう容易には上手くはいきません。95円より下がらないとは、誰一人として分かるはずがありません。たとえば、外国為替市場が相当のドル安傾向であれば1ドル95円ではとどまらず、より円高ドル安になる可能性がある。仮定として、97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピン買いを入れたポジションも損失が生じます。そういう状態では一番初めに買ったドルとトータルで更なる差損が生まれる事になります。この例のように、ナンピンは難解です。それならば、為替相場が自分自身の筋書きとは別の方向にさっさと向ってしまった場合、どのような手法で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。そこで選択する術は2つしかありません。まずひとつめは覚悟を決めて、損切りをする事です。もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分自身が保持しているポジションを少なくする事によってもう一回外国為替市場が回復するのを黙って待ち望むことです。ちょっと後ろ向きなやり方だと言う方もいるkもしれません。だけど、自分が所有しているポジションに損が生じた時一番有効な手法はこれよりいいものは考えられない。言うまでも無く、考え方としては、ナンピン買いを入れるという考え方も効果的です。だけどナンピン買いは、自分か損失を出しているにもかかわらず、ポジションを減らすどころか反対に買いポジションを買い増していく対策です。この手法では、危険を制御することなど可能ではないと思ったほうがいいです。ナンピン買いを続ける事ができればやがては損失が回復するかもしれません。でも、そうなる前にお金は不足してしまいます。