キャッシングといったものをすると定期的に指定日時に口座などから自動の手続きで引き落しされていくでしょう。ラジオ等の告知で現金自動支払機からいつだって返済というのが可能であるということに言及されているのですがそれというのは自動の返済というものとは別で支払いする折のに関してを言っているのです。こうした事を繰り上げ返済などと言いまして、残額全部を弁済支払いを総額繰り上げ支払一部を支払するようなものを一部分一括弁済と言います。説明しますと臨時収入などで金銭に経済的余裕が在るケースには、現金自動支払機や振込等により一部分あるいは全てについて返済する事が可能なのです。またこのようなことの他にも繰上支払いにはプラスというものがたくさんありまして、短所というのは全くないのです。これらの利点とは、別口で支払いすることで元本そのものに関して減額することを可能なので支払回数というのが少なくなりますので利息についても軽減でき支払い全額そのものを圧縮可能で一石二鳥の支払形式となっているのです。だけれど意見したい点はどんなときに繰り上げ支払するかです。金融機関は支払い日と別の締めがというようなものが存在したりするのです。例えば月の真ん中が〆め日で次の月10日の支払だとすると、15日以降に関しては来月の利率を含めた返済金額に確定してしまいます。説明すると月中以降に繰り上げ弁済したとしても、次の月分の弁済金額というのは確定しておりますから、その期間に繰り上げ返済したような場合でも次の月の引き落し金額にはさっぱり影響しないのです。それ故繰り上げ弁済というようなものが即刻効力を与する為には、弁済日時の翌日から次回の〆め日の来る前までの期間に繰り上げ返済する必要があるのです。ただしそういった時の利子の差といったものはきわめて小さいものです。それ位は念頭にない場合にはいつでも任意に繰上支払いしていきましょう。しかし少しでも節減しようと勘案する方は、引き落し期日から締めまでのタイミングで繰り上げ支払した方がよいと思います。