ショップで一切のカードが使えるわけではない◆クレジットカード会社の契約店舗は一般的に多くのクレカとライセンスを結んでいますが、ちょっと不便ですが契約店でみなの運営会社の所有カードが切れるわけじゃありません。例をあげていうと古い店舗の際だとJCBのロゴの付いているクレカしか使えないときもありますし今日日の加盟店舗だとVISAとかマスターの印の書いたクレカしか切れないときもあるでしょう。銀聯カードみたいなクレジットカードの場合増して切れない場面が増えるでしょう。何のブランドのクレカが使えるかをどんな方法で見たらいいか?「ならばどのようにして何のロゴのクレジットカードが使えるか見分けたらいいの?」といっても、きちんとしたことを知るとしたら商店の人に見せてみる以外にはないというのが残念ながらその答えになります。とはいえどもおおよその売り場やレストランには店舗の分かりやすいところに決済できるクレジットカードの印が書かれた加盟シールがあるので、「そうか、この店はJCBが使用可能なんだな」というのが分かりやすくされてるため確認してください。というものの、正しく管理が出来ていない加入店舗で使用する際にはロゴマークが掲示されているお店でも「現在では○○クレカはご使用になれません」などの対応をされてしまうなどということもあるため、頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。贅沢をいえば可能な限り全部の店舗でクレジットカードが決済できるようにしたいのならば別の会社(海外印)が入っている一般的なビザカードダイナーズアメックス、等のクレカを複数枚財布に入れておくようにするとよいと思います(例:JCBをすでに持っているなら次は銀聯カードブランドのカードを契約するなど等)。もっぱら国内使用のみなら、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのカード会社が書かれているカードを常時使えるようにしておけば、返済状況に問題がない限り100%の加盟店でどれかしらのクレカを決済する機会があります。カードを契約して効率的に節約を目指すならば、早いうちにそれぞれのカードを所有しておいていただきたいと思います。